/

この記事は会員限定です

「4K」テレビ20万円切る 1年で4割下げ、普及なるか

[有料会員限定]

高画質の「4K」テレビが家電のボーナス商戦の目玉になりそうだ。平均価格が1年で4割下落し20万円を切り、消費者の手が届きやすくなった。数少ない有望商品として家電量販店は売り場の前面に押し出し、米ネットフリックスなど動画配信に対応する新製品も相次ぐ。4K放送のコンテンツが不足している問題は依然として残るが、今夏から「普及品」のひとつになりつつある。

家電量販最大手ヤマダ電機は商戦に向けて旗艦店である...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン