/

この記事は会員限定です

加盟店の実態把握を 経産省、カード会社に義務付け

[有料会員限定]

経済産業省はクレジットカード会社に対し、加盟店が販売する商品や手法などを把握することを義務づける。これまで法律による規制はなかったが、悪質業者による詐欺被害の増加を受け、カード会社が加盟店と契約する段階で選別する仕組みを導入する。カード番号の流出を防ぐ対策も強化し、安心してカードを使える環境を整える。

25日に開く審議会で実態把握を義務づける方向性を示す。来年の通常国会に割賦販売法改正案を提出し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン