/

この記事は会員限定です

広島大とマツダ、「感性」で車を進化

[有料会員限定]

24日、広島大学が「感性」をどのようにものづくりや産業に結びつけていくかというテーマでシンポジウムを開いた。広大は昨年春、マツダをはじめとした広島県内の企業と共同研究のコンソーシアムを設立。運転して「ワクワク」する車をいかに開発するか。広島の産学の知を結集した取り組みが進んでいる。

広島大学医学部の臨床研究棟。小さなモニターを顔の前に付けた研究者が磁気共鳴画像装置(MRI)に吸い込まれていく。モ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン