/

この記事は会員限定です

日本原燃、使用済み核燃料の再処理を受託

[有料会員限定]

核燃料サイクルの事業化を目的として設立された株式会社。1980年に「日本原燃サービス」の名称で発足し、92年に現在の名称となった。出資比率は、原発を持つ電力会社10社が9割以上を占めており、筆頭株主の東京電力が28.6%、関西電力が16.6%を保有している。

全国の原発から出る使用済み核燃料の再処理業務を受託し、ウランとプルトニウム高レベル放射性廃棄物に分離する。低レベル放射性廃棄物の埋設処分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン