/

この記事は会員限定です

中韓、70年談話を注視 3カ国首脳会談調整

[有料会員限定]

日本と韓国は日中韓首脳会談を通じて両国関係の再構築を模索する。カギを握るのは中国の動向だ。日本との関係改善に動き出した中国は態度を軟化させており、会談のハードルは低くなりつつある。ただ、今夏に安倍晋三首相が発表する戦後70年談話の内容次第では、開催に前向きな日韓両国の提案を中国が受け入れるか見通せなくなる。

3カ国首脳会談は日韓両国がかねて開催に積極的な立場だが、中国は慎重だった。中国の習近平国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン