ソーシャルビジネス支援 広島銀など組む

2015/6/17付
保存
共有
印刷
その他

広島銀行と日本政策金融公庫のほか2団体は、社会課題をビジネスの仕組みで解決する「ソーシャルビジネス」を支援する協力体制を立ち上げた。希望者に対してNPO法人などソーシャルビジネス分野の事業運営や資金繰り、補助金活用などをトータルで助言するほか、事業計画コンテストも開く。地域経済の活性化につながる事業の担い手育成を目指す。

16日付で設立した「ソーシャルビジネス支援ネットワークひろしま」には2金融機関のほか、同分野の事業運営支援を手掛けるNPO法人「ひろしまNPOセンター」(広島市)と公益財団法人「コミュニティ未来創造基金ひろしま」(広島市)の2団体が参加。ソーシャルビジネスの育成に向けて金融機関や支援団体が組むのは中四国で初めてという。

事業立ち上げに必要な情報をワンストップで取得できる体制を整え、起業家を後押しする。セミナーを共同開催するほか、事業に協力してくれる関係先を紹介する。ビジネスモデルを競い合うコンテストを実施するのも特徴。2金融機関による協調融資も積極化する。

広島銀は既にひろしまNPOセンターと業務連携してきた。ネットワークをテコに同分野向けのサービスを一段と拡大する。日本公庫の中国5県でのNPO法人向け融資は2014年度で93件と前年度に比べほぼ2倍に増えた。ソーシャルビジネス関連融資に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]