/

この記事は会員限定です

欧州の中銀、金の自国移送相次ぐ ユーロ不信やテロ警戒

[有料会員限定]

欧州各国の中央銀行が大がかりな金の移送を進めている。安全資産といわれる金を自国外の機関に任せて保管する現状を見直す。5月にはオーストリア中銀が英国から持ち帰る意向を表明した。ユーロへの不信感やテロに対する警戒心に世界情勢の変調が重なるなか、金塊が飛行機に乗って相次ぎ"帰国"する。

ニューヨーク連銀の地下には各国中銀から預かった金塊が積まれる。丈夫な保管庫には2012年時点で53万本の金塊があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン