/

この記事は会員限定です

検診機器、患者負担軽く 緑内障は測定6分に半減

受診促し早期発見めざす

[有料会員限定]

診断にかかる時間を短縮して患者の負担を軽くする先端的な検査機器の開発が相次いでいる。緑内障の検査を6分と従来より半減できる新型機器を開発したベンチャー企業は政府系ファンドから出資を受け、年内にも本格的に売り出す。日本原子力研究開発機構は指に針を刺さずに血糖値を測る機器を開発した。検査の受診率を高めて早期発見につなげ、重症化を防ぐ狙い。高齢化で膨らむ医療費の抑制も見込める。

緑内障の新型検査機を開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン