萩市、世界遺産やジオパークで観光振興を加速

2015/6/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県萩市が観光振興の取り組みを加速させている。同市が舞台のNHK大河ドラマで観光客が増える中、市内の松下村塾や萩反射炉は今夏に世界文化遺産登録が決まる可能性が強まる。火山によってできた地形・地質を生かし日本ジオパークの認定を目指す動きも本格化。市は施設整備やガイドの配置を進める。

「松陰神社には4~5月に昨年の2倍の観光客が訪れた。大河ドラマと世界遺産の相乗効果だ」。野村興児市長は5日の記者会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]