組み立て巧み「双腕ロボ」 川重が水平多関節型を開発

2015/6/3付
保存
共有
印刷
その他

川崎重工業は3日、人間のように2本の腕を操り、人が両手で行う作業を代替する「双腕ロボット」を開発したと発表した。衝突防止など安全機能を高め、スマートフォン(スマホ)などの生産現場で人と並んで作業する。ロボットの導入が遅れている電子機器の受託製造サービス(EMS)など向けに売り込み、年5000台の販売を目指す。

双腕ロボット「duAro(デュアロ)」の価格は1台280万円。2本の腕を協調して動かし、人と同じ動きで組み立て作業などを代替する。腕の部分が水平に動く多関節型ロボットで双腕となるのは世界初という。

設置に必要なスペースは人1人分で従来のラインを変更せずに自動化でき、工場の改築など余分な投資を抑制する。動作のプログラム化も簡単にし、製品サイクルが早い電気・電子業界でも導入できるようにした。

橋本康彦執行役員は「(人件費の安い)新興国でも十分にロボット導入によるメリットを享受できる」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]