/

この記事は会員限定です

日立、ミャンマー開拓 データセンター16年末稼働

[有料会員限定]

【ネピドー=多部田俊輔】日立製作所の東原敏昭社長は1日、ミャンマーのテイン・セイン大統領と会談し、インフラ整備に協力して取り組む方針で一致した。IT(情報技術)を中心とする研究拠点を現地に設置することでも合意した。現地では5月の鉄道設備受注に続き、2016年末までにデータセンターを開設する計画。情報、電力、鉄道の3事業を柱とし、5年後に売上高を現在の5倍の300億円に伸ばす。

東原社長は首都ネピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン