/

JOMDD、日本医師会と連携 医療機器開発で

医療機器コンサルティングの日本医療機器開発機構(JOMDD、東京・中央、内田毅彦社長)は医師向けの医療機器開発支援事業で日本医師会と連携する。会員の医師らから医療機器のアイデアを募り、事業化の可能性を見極めた上で公的な支援機関に橋渡しする。日本医師会の約16万6千人のネットワークを生かし医療現場からより多くのアイデアを発掘する。

日本医師会が6月に始める機器開発支援の一部業務をJOMDDが受託する。専用サイトを開設し、医師がアイデアを登録する仕組みをつくる。診断や治療用の装置や器具、ソフトウエアなどが対象となる。

JOMDDは市場性や技術の独自性を評価し、有望な場合は発案した医師と個別に面談したうえで、事業化に向けた検討を始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン