/

この記事は会員限定です

漁師の技再現 世界シェア7割の全自動イカ釣り機

[有料会員限定]

北海道函館市では6月初めに真イカ(スルメイカ)の漁が解禁される。多くの漁船が夜間の操業に出掛けて、いさり火で引き寄せた真イカを次々に釣り上げる。東和電機製作所(同市、浜出雄一社長)の全自動イカ釣り機は地元だけでなく、国内外のイカ釣り漁船で広く使われており、世界シェアは約7割に達する。

イカ釣り漁は専用針(疑似餌)を海中に投下し、釣り糸を巻き上げるドラムを回転させてイカを捕る。同社は船の左右に設置し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン