東電・中部電の火力統合会社、海外発電能力5倍に

2015/5/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力と中部電力が火力発電や燃料調達などの事業統合のために4月に設立したJERA(東京・中央)は、海外の発電能力を現状の5倍の3000万キロワットに拡大する。事業統合による規模のメリットを生かし、東南アジアや中東などへの展開を加速。燃料調達コストも引き下げて競争力を高める。

JERAの垣見祐二社長が取材に応じた。東電と中部電の発電能力は現在、合計約7400万キロワットで、このうち海外は約600…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]