/

「支離滅裂」都知事が批判 新国立競技場580億円負担めぐり

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京・新宿)の整備費をめぐり、国が東京都の負担分を約580億円と試算していることについて、舛添要一知事は26日の記者会見で、「全くいいかげん。支離滅裂だ」と厳しく批判した。

知事は「都に一言の相談もない。数字をでっち上げ、官邸に持って行っている」と指摘。「いいかげんな数字なら、(文部科学省は説明に)来る必要がない」と話した。

新国立競技場をめぐっては、文科省が18日、都に整備費の一部負担を正式に要請。都側は「都民税を使うのであれば、明確な根拠が必要」と、国に詳細な説明を求めていた。

一方、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は26日、都内で「思っていることは半分とか3分の1くらいに抑えて言わないと」と舛添知事の発言に苦言を呈し、整備費について「私は(舛添知事に)経緯を全部話している」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン