最高の「とりあえずビール」で広島を元気に 重富酒店

2015/5/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「壱(いち)度注(つ)ぎはビールがのどを駆け抜けていくような爽快感が味わえます」。中国地方一の繁華街、流川の片隅。酒屋の店先にあるビールスタンドに威勢のいい口上が響く。声の主は重富酒店の代表、重富寛だ。

ビールスタンドは午後5時から2時間だけの営業。つまみ類は一切なく、提供するのはビールのみ。ビールはつぎ方によって味が変わる奥深い酒だと知ってもらおうと「壱度注ぎ」「弐度注ぎ」「参度注ぎ」と"裏メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]