/

この記事は会員限定です

浜松市の外食産業、訪日客消費拡大へ知恵 多言語メニューなど

[有料会員限定]

浜松市内の外食産業で外国人への対応を充実させる動きが広がっている。QRコードによるメニューの外国語表示や牛や豚などの食材を絵文字で示すほか、静岡空港への増便で増えている中国人向けに専用パンフレットを用意するレストランも。県内で外国人宿泊数が最も多い浜松での取り組みは、インバウンド需要獲得を目指す各地にも広がりそうだ。

「てんくう」のブランドで浜松市内を中心に6店を運営する居酒屋チェーンのこころ(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン