/

安芸太田町、名物「漬物焼きそば」を商品化 スーパーで販売

広島県安芸太田町は食品スーパーのフレスタ(広島市)と連携し、同町のB級グルメ「漬物焼きそば」の商品化に乗り出す。開発した商品をフレスタで販売するだけでなく、本場の漬物焼きそばを食べに安芸太田町に来てもらう仕掛けを取り入れ観光振興につなげる。

漬物焼きそばは、漬物を焼いてご飯に載せたり焼きそばに絡めたりして食べる地域の食習慣をヒントに安芸太田町が開発した。2014年8月に町内の飲食店が提供を始め、現在は7店舗に広がっている。

フレスタと同社のグループ会社で総菜や弁当を製造するフレッシュセブン(広島市)がスーパー販売用の漬物焼きそばを共同開発する。6月29日から広島、岡山、山口のフレスタ全店で販売を始める。

商品には安芸太田町の宿泊施設に泊まれる宿泊券のプレゼントキャンペーンや町内の店舗で食べる漬物焼きそばの割引券といった特典が付いたシールを添付する。開発した商品を観光客の誘致に活用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン