/

この記事は会員限定です

「創業なら福岡」 特区指定1年、じわり浸透

[有料会員限定]

福岡市が創業などを促す国家戦略特区に指定されてから1年が経過した。「創業促進」と「暮らしやすい街づくり」の好循環を実現するため、矢継ぎ早に打ち出した特区関連のプロジェクトは現在までに105本。創業支援施設「スタートアップカフェ」の相談から起業に至ったケースも10件を超え、「福岡市といえば創業」という雰囲気づくりにはひとまず成功したようだ。

「主役は民間。行政はビジネスがしやすい制度をつくる。特区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン