/

この記事は会員限定です

ビッグデータで街を磨く 神戸市や京都市、観光振興など

[有料会員限定]

観光振興や医療費抑制に向け、関西の自治体がビッグデータ分析を施策に活用する事例が増えている。従来の分析方法では見えなかった課題を浮き彫りにし、新たな取り組みにつなげる狙いだ。少子高齢化で自治体経営の厳しさが増すなか、IT(情報技術)を活用して、都市間競争で一歩先行するための手段の一つになりそうだ。

神戸市は博報堂と組み、今春からビッグデータを活用した観光誘致策に本格的に取り組んでいる。同市には20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン