/

この記事は会員限定です

がん追跡し超音波照射 東大が高精度の治療装置開発

[有料会員限定]

東京大学の光石衛教授と小泉憲裕特任講師、月原弘之特任助教らは、がんの位置を検出しながら正確に超音波を照射する治療用装置を開発した。従来、呼吸によって位置が動く臓器に照射の精度が要求される治療法を適用しにくかったが、新装置なら追跡しながら照射できる。月内にも肝臓がん患者で機能を確かめる臨床研究を始める予定だ。

新装置は検出用の超音波を2方向から当ててがんの位置を捉え、治療用の超音波が常にがんに当たる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン