/

この記事は会員限定です

「獺祭」生産3倍 旭酒造が新工場

品薄を解消

[有料会員限定]

日本酒「獺祭(だっさい)」を生産する旭酒造(山口県岩国市)は新設した本社工場で大規模な増産を始める。醸造タンクを300本備え、年間生産能力を従来の約3倍に当たる500万本(1.8リットル瓶換算)に引き上げる。国内における品薄を解消するほか、輸出にも力を入れる。

新本社工場は12階建てで、建設費は約30億円。5月中に順次稼働する。新工場は麹(こうじ)室などを備え、製造エリアの入り口には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン