/

この記事は会員限定です

沖縄県、ドローン規制緩和を要望へ 国家戦略特区を活用

[有料会員限定]

沖縄県は国家戦略特区の制度を活用し、無人飛行機(ドローン)の規制緩和を政府に要望する方針を固めた。県が活用策の検討を進めてきた下地島空港(宮古島市)周辺で、ベンチャー企業がドローンの操縦訓練をする施設を開設する計画。関連する航空法や電波法の規制緩和を政府に求める。

沖縄県は「国際観光イノベーション特区」として国家戦略特区に指定されている。2014年10月に具体的な事業計画を国と話し合う区域会議を開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン