ドローン侵入を通報 ALSOK、音響センサーで探知

2015/5/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

綜合警備保障(ALSOK)は小型の無人飛行機「ドローン」が政府の重要施設などに侵入すると即座に警備員らに通報するサービスを月内に始める。ドローンが発する回転翼の音を音響センサーで探知することで実現する。首相官邸屋上でドローンが見つかった事件を受け、政府は規制を検討中だが、悪質行為を完全に防ぐのは難しい。侵入を通報する需要を掘り起こして事業拡大を目指す。

小型で低空飛行するドローンはレーダーで捉え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]