/

この記事は会員限定です

アパレル各社、「日本製」で米市場開拓 三陽商会は人気コート

[有料会員限定]

「日本製」の品質を前面に出して海外市場に挑むアパレル企業が増えている。三陽商会は米国で日本製コートの販売を始め、ジーンズのエドウイン(東京・荒川)も米国向け輸出を再開する。日本製の衣料品は縫製の丁寧さなどから価格が高めでも海外市場での評価は高い。円安も追い風に海外へ売り込み、ブランド力の向上にもつなげたい考えだ。

三陽商会は今年の秋冬商品から、米国の百貨店で「100年コート」の販売を始める。日本製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン