/

この記事は会員限定です

竹内養鶏場、「白い黄身」で卵に付加価値

[有料会員限定]

足を踏み入れると、コッコッコとかまびすしい鳴き声が響いてきた。千数百羽の鶏の体温で生暖かい鶏舎内には産みたての新鮮な卵が並んでいる。割ると黄身の白っぽい不思議な卵。竹内養鶏場(音更町)の竹内強代表は鶏のエサをひとつかみして、「この飼料こそがおいしい卵ができる秘密だ」と明かした。

飼料の99.8%は道産原料を使う。最大の特徴は7割近くを占めるコメだ。東川町産「ななつぼし」を配合する。採卵鶏の飼料には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り978文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン