/

この記事は会員限定です

カキの自動殻むき機、石巻の桃浦合同が神戸製鋼と共同開発

[有料会員限定]

桃浦かき生産者合同会社(宮城県石巻市)は神戸製鋼所と共同で、カキ専用の自動殻むき機を開発した。カキむき従事者3~4人分の処理能力を持つ。合同会社はカキの増産で人手不足が顕在化しており、機械導入で省力化する。高齢化に伴いカキをむく人手の不足は全国的な課題で、神戸製鋼は開発した装置を全国の養殖業者や卸業者向けに販売する予定だ。

開発したのは多機能・かき超高圧処理装置。神戸製鋼が取り扱っていた高圧処理装...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン