/

この記事は会員限定です

世界遺産登録勧告の韮山反射炉、入場者急増

[有料会員限定]

韮山反射炉(伊豆の国市)への観光客が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関から世界遺産登録勧告を受けた5日以降、急増している。初の週末となった10日までの入場者数は1万4000人超と前年の同じ時期の7倍以上だ。地域振興の起爆剤として期待を集めるものの交通アクセスや回遊性の向上、商業面への波及など今後取り組むべき課題も少なくない。

ユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)による勧告が伝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン