/

この記事は会員限定です

アサヒビール、空き容器回収に鉄道輸送

[有料会員限定]

アサヒビールはビール瓶や業務用チューハイを供給する樽(たる)など、空き容器の回収に鉄道輸送を活用する。第1弾として九州エリアから関西の工場への長距離輸送を貨物列車に切り替える。これまではすべてトラック輸送だったが、鉄道比率を6割以上にまで引き上げ、二酸化炭素(CO2)排出量をトラック輸送に比べて半減させる。

博多工場(福岡市)から、吹田工場(大阪府吹田市)やニッカウヰスキー西宮工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン