地域の課題、住民が解決 福岡・北九州でサイト開設へ

2015/5/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地域の課題を住民の手で解決するためのインターネット事業が福岡県内で始まる。特産物のブランド化や空き家対策といった街づくりに取り組む住民のネット投稿を集約して課題を「見える化」する。必要な資金を集めるクラウドファンディング機能も持たせ、人材のマッチングにも活用できる。住民主導による「新しい公共」の場として自治の動きを後押しする。

福岡市と北九州市で月内にサービスが始まる。サービス名称はそれぞれ「L…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]