仙台市、バス運営見直し 乗り合いタクシー検討

2015/5/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仙台市は市バスの運営形態を見直す。乗客が極端に少ない赤字路線を、民間事業者による乗り合いタクシー制へ移行することが柱で、地域住民同士が移行について議論するよう促す。住民が少ない地域を結ぶ路線が多い市バスは全体の9割が赤字路線。市は一般会計から毎年多額の資金を出しているが、累積損失は70億円近くに達し、運営見直しを進めて負担を軽減する。

市バスは市の会計から独立した地方公営企業の仙台市交通局が、市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]