/

この記事は会員限定です

ICタグ 無線で情報を効率管理

[有料会員限定]

▼ICタグ 物体の識別に使う小型のICチップとアンテナが入ったタグ。RFID(無線自動識別)と呼ばれる近距離の無線通信技術を使い、ライターやリーダーと呼ばれる専用機械でタグに情報を書き込んだり、読み取ったりできる。タグの形はラベル型やコイン型などがある。電子マネーや運転免許証、パスポートにも採用されている。

専用の機械を使えば、最大で数メートルの範囲にある全てのタグの情報を一斉に読み取れる。このた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン