「電力公社傘下」が有力 アレバ救済

2015/5/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【オルキルオト=竹内康雄】アレバを巡って足元で関心を集めているのは、フランス政府主導で進むアレバ救済策の行方だ。仏政府は仏電力公社(EDF)にアレバを救済させる方向で詳細を詰めている。雇用や産業競争力を維持したいオランド政権の方針が色濃くにじむ形で決着しそうだ。

アレバとEDFは国が大株主の実質的な国有企業。軍事、民生を含めると、フランスの原子力分野での雇用は約40万人とされる。アレバの経営不振…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]