/

この記事は会員限定です

米食品業界、遺伝子組み換え表示巡り対立 基準乱立の恐れ

[有料会員限定]

遺伝子組み換え(GM)作物を原料に使った食品の表示義務を巡り、米食品業界が割れている。食品大手は義務化反対の大合唱だが、自然食品を扱う企業は賛成だ。両者の対立で法制化が遅れるなか、しびれを切らした企業は独自ルールによる表示に乗り出す。消費者が選べるようになる利点はあるが、基準の乱立で流通コストが高くなる危うさもはらむ。

GM作物は遺伝子を人工的に改変し、除草剤や害虫に強い性質を持たせた作物。米モン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン