/

この記事は会員限定です

食用油、値上げの動き 米ぬか油は6年4カ月ぶり水準

[有料会員限定]

食用油の価格交渉が本格化してきた。足元で加工食品に多く用いられる米ぬか油の値上がりが決まった。食用油の主要品である菜種油と大豆油では今後、価格交渉が佳境に入る。円安による原料高に苦しむ製油会社は値上げ姿勢を強める。買い手の油問屋や加工食品メーカーは川下からの引き合いが力強さを欠き、難色を示す。

菜種油や大豆油の交渉を前に、米菓やポテトチップスを揚げる米ぬか油が6年4カ月ぶりの高値になった。卸値は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン