/

三島市、ゆるキャラで海外PR活動 まず韓国で観光誘客

三島市は30日から5月3日まで、韓国ソウルで開催される国際文化交流イベントで、同市のキャラクター「みしまるくん」と「みしまるこちゃん」を起用したPR活動を行う。日本最長の歩行者専用つり橋「箱根西麓・三島大吊橋」の12月供用開始を控え、海外にもファンが多いゆるキャラを前面に出してアジアからの観光誘客に取り組む。

日韓国交正常化50周年記念事業の「C-Festival AsiaMania」はバンダイやタミヤなど多くの日本企業も出展し、4日で約10万人の来場を見込む。みしまるくんは、三島を舞台にして昨年放送された宮藤官九郎氏脚本のテレビドラマ「ごめんね青春!」に出演。アジアでも人気があり、ソウルの日本大使館から招待を受けた。

みしまるくんは3月、韓国人アイドルグループ「SHINee」の東京ドームライブにも登場。市は今夏までに韓国語版のLINEスタンプも用意する。まずは韓国での知名度を高め、中国や台湾での展開も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン