2019年2月20日(水)

春の褒章675人・26団体 音楽家の谷村新司さんら

2015/4/28付
保存
共有
印刷
その他

政府は28日付で、2015年春の褒章受章者675人(うち女性は188人)と26団体を発表した。29日に発令する。

学術や芸術、スポーツの功績者に贈る紫綬褒章は17人(同1人)。作家の浅田次郎(本名・岩戸康次郎)さん(63)、シンガー・ソングライターの谷村新司さん(66)、能楽師の観世清和さん(55)らを選んだ。舞踊家の吾妻徳穂(本名・林英津子)さん(57)、アートディレクターの葛西薫さん(65)、美術史家の木下直之さん(61)らも受章した。

食塩摂取による高血圧と腎臓病のメカニズムを世界に先駆け明らかにした東大名誉教授の藤田敏郎さん(67)、食品学で特定保健用食品などの開発に貢献した東北大教授の宮沢陽夫さん(65)、元富士通FRAMプロセス技術部長の恵下隆さん(57)らにも贈られる。

公共の利益に貢献した人への藍綬褒章は、電気自動車用リチウムイオンバッテリーの量産体制確立に尽力した元日産自動車副社長の今津英敏さん(65)ら453人(うち女性157人)が選ばれた。

人命救助に尽力した人への紅綬褒章は9人(同2人)と5団体。社会奉仕活動をした人への緑綬褒章は19人(同12人)と21団体。その道一筋に励んだ人への黄綬褒章は177人(同16人)だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報