レンガ造りで揺れに弱く ネパール首都、数百年前の寺院

2015/4/27付
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=共同】強い地震が起きたネパールの首都カトマンズ中心部には、数百年前に建てられた寺院など、伝統的建築物が集中する世界遺産のダルバール広場がある。木彫りの窓枠が美しい建築様式だが、レンガ造りで揺れに弱く、今回の大地震で多くの建築遺産に被害が出た。

カトマンズは盆地で、古くから農業生産が盛ん。約100万人が住む人口集中地域で、中でも首都中心部は政治、商業の中心地として栄えてきた。狭い市域で…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]