/

この記事は会員限定です

住宅診断 劣化状況、第三者が点検

[有料会員限定]

▽…住宅の耐久性や劣化状況を第三者が点検する仕組み。欧米ではインスペクションと呼ばれ普及が進むが、日本ではいまひとつ。日本で中古市場が活性化しない一因とされる。中古住宅の購入者のうち、住宅診断の利用率は1割に満たないとする統計もある。日本の場合、新築が取引の中心で、中古は1割強。住宅診断の活用が広がれば、中古住宅を安心して買う人が増えるとみられる。

▽…日本には通常20~25年程度で住宅が無価値と評価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン