2019年5月23日(木)

ドコモ22%減益 15年3月期営業 「新料金プラン」が圧迫

2015/4/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモの2015年3月期の連結営業利益(米国会計基準)は前の期比22%減の6400億円程度になったようだ。国内通話の定額制を柱とする新料金プランの導入が1000億円の利益を減らす要因になった。端末販売費などのコスト削減の効果で従来予想(6300億円)を上回ったが、3期連続の減益が避けられなかった。

営業利益は日本基準だった00年3月期(5457億円)以来、15年ぶりの低い水準に落ち込んだ。…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報