/

この記事は会員限定です

HAC、道内3路線の再開検討 函館―釧路・旭川など

[有料会員限定]

3月31日付で就任した北海道エアシステム(HAC)の桑野洋一郎社長は22日、日本経済新聞に対し、運休中の路線を順次再開する方針を示した。函館―釧路、函館―旭川、丘珠―女満別の3路線を優先的に検討。函館―三沢線は7月にも再開する見通し。2014年度の搭乗者数が過去最高となるなど好調で、路線を再開して利用者拡大を狙う。

HACは11年3月に日本航空傘下から道庁を筆頭株主とする体制に移行。座席の販売力が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン