/

グーグル地図、皇居内施設や原爆ドームの表示改ざん

インターネット検索大手のグーグルが提供する地図サービス「グーグルマップ」で、皇居内の施設に「オウム真理教皇居支部道場」、原爆ドームに「核実験場」などとでたらめな表示が書き込まれていたことが20日、分かった。グーグルは表示の削除などの対応を始めた。

グーグル日本法人広報部などによると、東京都千代田区の警視庁本部に「サティアン」と表示されるなど、国内外の10カ所以上の施設ででたらめな表示が見つかった。

グーグルマップでは、マップ上の施設などの表示が利用者の書き込みなどによって変わってしまうことがある。

セキュリティー大手のラックの西本逸郎取締役は「今回のケースは悪質ないたずらとみられる。重要な施設については勝手に書き込めないよう、国などが対応を求めるべきではないか」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン