/

この記事は会員限定です

日本製紙、植物ナノ繊維を実用化 まず紙おむつで

[有料会員限定]

日本製紙は植物由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を初めて実用化する。CNFは幅3~4ナノ(ナノは10億分の1)メートルと髪の毛の1万分の1の細さながら、強くて軽いのが特徴。まず脱臭作用に優れた特殊シートに加工し、今秋発売の大人用紙おむつに採用する。CNFを研究開発する競合他社に先駆けて実用化し、用途開拓に弾みを付ける。

CNFは紙原料のパルプ繊維を解きほぐした超極細の繊維状物質。独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン