浦和のうなぎ店、「春の土用の丑の日」をPR

2015/4/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

実は年に4回ある「土用の丑(うし)の日」にウナギを食べよう――。江戸時代以来「うなぎの街」として知られるさいたま市浦和地区の飲食店が、こんなPRを始めた。19日の「春の土用の丑の日」を前に各店がポスターなどで告知している。夏だけでなく、1年を通して地域の名産であるウナギを楽しんでもらいたい考えだ。

市内の飲食店でつくる「浦和のうなぎを育てる会」に加盟する約20店舗が、店先などにポスターを掲示した…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]