/

この記事は会員限定です

シャープ、構造改革が本格化 液晶縮小で収益源乏しく

[有料会員限定]

主力取引銀行の支援を受け、シャープの構造改革が本格化する。液晶テレビや太陽光パネルといった「看板事業」の縮小のほか国内外の工場閉鎖・売却を断行。人員と組織にもメスを入れる。ただ、同社の足元には安定して収益を稼げる成長事業が少ない。5月発表の新中期経営計画では2018年3月期に連結営業利益で1500億円程度を目指す方針だが、抜本的なリストラを実施しても再建できるかは不透明だ。

シャープがまとめた再建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン