北海道の百貨店売上高、3月2割減 駆け込み購入の反動

2015/4/16付
保存
共有
印刷
その他

北海道の百貨店の3月の合計売上高は161億500万円と前年同月比で19.9%減った。2014年3月は消費増税前の駆け込み購入で高額品を中心に好調だったが、今年はその反動で全店とも大幅な減少となった。外国人観光客による「インバウンド消費」が伸びている店舗は、比較的落ち込み幅が小さい。

大丸札幌店は15.2%減と7カ月ぶりに減収。昨年駆け込み購入が多かった宝飾品や高級時計に加え、寝具などのリビング用品でも反動減が大きかった。一方でインバウンド部門は前年同月比約5倍で、減収幅は道内百貨店で最も小さかった。「中華圏の春節(旧正月)があった2月からの流れを引き継ぎ、3月も途切れずに外国人が来店している」(香川暁子店長)という。

札幌丸井三越は18.9%減。大丸同様、高額商品を中心に駆け込み需要の反動減が出た。もっとも、堅く見積もっていた予想値を5%ほど上回った。インバウンド部門が4倍ほど伸びた。

30.3%減と落ち込み幅が大きかった東急百貨店札幌店は個人客に加え法人外商でも駆け込みの反動減があったほか、バーゲンの回数を2回から1回に減らした影響も出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]