/

この記事は会員限定です

マクドナルド、店舗改装を加速 15年12月期は230店

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスは店舗改装を加速させる。2015年12月期の改装店舗数は230店程度とし、前期比で100店ほど上積みする。異物混入問題などを受けて客数が大きく減少しているため、改装によって集客力を取り戻す。投資額は新店分なども含めて約200億円の見通しだ。

2月の決算発表時は改装店舗数の見通しが150~200店としていた。だが1月の異物混入問題の影響で、既存店売上高が3月まで3割前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン