/

この記事は会員限定です

米国産食品が一転余剰に 豚肉・かんきつ類、労使対立一服で

[有料会員限定]

米国西海岸で長引いた労使対立の影響で滞っていた食材の輸入が回復し、これまでの不足気味から一転して余剰になるケースが出てきた。食品業界は米国の問題が長引くと想定し他国にも発注していたが、豚肉やかんきつ類は米国からも届き始め、取引価格も1~2割ほど値下がりした。

日本の食品業界は労使が暫定合意する前の2月上旬までに、3~4月に日本に到着する米国産の商品について他の国へ代替品を発注していた。それらの到着...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン