脳内に薬剤、的確に届ける 名大はたんぱく質で通り道

2015/4/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脳の病気を治療するため、届きにくい脳の内部に的確に治療薬を運ぶ技術の開発が相次いでいる。名古屋大学や東京大学はそれぞれ、脳に異物が侵入するのを防ぐバリアーを通り抜ける技術を開発した。神戸学院大学は鼻の神経という別の経路を伝って脳に薬剤を送り込む。アルツハイマー型認知症や脳腫瘍などで治療効果が高まるとみており、製薬会社と実用化に向けた研究を急ぐ。

注射した薬剤は血流に乗って全身を巡るが、脳に異物が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]