2019年2月19日(火)

TBM、石灰石で紙代替素材 宮城に工場

2015/4/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

素材開発のTBM(東京・千代田、山崎敦義社長)は、石灰石を主な原料にした紙やフィルムの代替素材の生産を始める。宮城県白石市で6月にも工場を稼働する。国内でも埋蔵量の多い石灰石を使うことで、パルプを原料とする従来の紙製造に比べ木材や水を節約できるという。耐水性が高い点も売り物に普及を目指す。

素材の名称は「LIMEX(ライメックス)」。原料の半分以上が石灰石で、ポリエチレンを配合する。配合比率を調…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報